ぱちぱち・かきかき・こつこつ・せっせ。 
パカコセがおとどけする何気ない毎日。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
音楽が感情に与える影響3

きっとこれが最終章。

 

長文の3部作、お付き合いありがとうございます。

 

つづきです。

 

実際どうしたら音楽でイライラや落ち込みを改善できるのか。

失恋した時に失恋ソングを聴くのはどうして理にかなってるのか。

 

日常のなかでイライラしたり落ち込んだりしたとき、みんなはどんな方法で発散してるのか。

15人にアンケートをとってみました。え、少ない?

 

IMG_7818.jpg

 

15人にストレス発散法について聞いてみると、そのうちの5人、約30%の人が音楽に関連するストレス発散法を選びました。

カラオケ、車で大声で歌う、楽器演奏などなど。

これだけでも音楽を聴く、または歌う、演奏することでストレスが緩和されている人が居る事が分かります。

 

次に辛い失恋場面を思い浮かべてもらい、その時に聴く音楽とその理由を聞いてみました。

 

その結果、失恋した時にスローテンポで失恋ソングなどのバラードを聞く人が8名で53%、アップテンポで明るく元気な曲を聞く人が4名の26%。理由として、失恋ソングなどを聴く人のうち5名は「歌詞が良いから」と答え元気な曲を聴く人は「リズムとテンポが良いから」と答えています。

 

聴いた後、自分の感情はどうなったかと聞くと、失恋ソング組は「落ちるところまで落ちて散々泣いたけど、その後は気持ちが楽になってスッキリした」など、ネガティブな感情を改善出来たと思えるコメントが多く、逆に元気な曲組は「気分を紛らわせられるがその後スッキリ治るわけではない」など、あまり改善できてないと感じるコメントが多くありました。

 

一見、気分が落ち込んでる時に元気な曲を聞いた方が、ネガティブな感情を改善できそうですが、なぜ、より落ち込むような失恋ソングを聴いた方が改善、緩和できているのか。

 

それは音楽療法の中で最も基本とされている「同質の原理」が関係していました。

 

 

「同質の原理」とは、音楽療法の先駆者とされる医師、アルトシューラーが提唱した原理で、「対象者の持っている情緒やテンポに合わせることによって、より大きな発散が得られ、またより低次の水準から、より高次の水準の音楽へと段階的に上げていく」という技法。

 

これは悲しい時には悲しい音楽を聞き、徐々に明るい音楽を聴くようにしていけばネガティブな感情やストレスを少しずつ改善、緩和出来ることを指しています。

 

人は共感されると安心感を覚えるため、その時の感情によく似た音楽を聴くと共感されたと感じ、回復に向かっていけるんです。

 

アンケートで失恋ソングを選んだ62%の人たちが、選んだ理由として歌詞が良いからと答えたのは、その曲が自分の感情を代弁してくれている、共感してくれていると知らずに感じ、安心感を覚えていたからではないでしょうか。

 

リズム、旋律などの音楽と、歌詞、言葉の相乗効果です。

 

しかしながら残念なことに、この法則に乗っかれない人たちが。

それは音楽を仕事にしてる人や音楽活動を行っている方々。

一概には言えませんが、インタビューに協力してくれた音楽関係の友人たちはネガティブな感情が改善しているとは思えないコメントが目立ちます。

 

それは音楽が「研究」の対象であったり、自分の「表現方法」であり自分の「評価」につながる為。

また同じ演奏を行う場面でも、音楽療法の際にはきちんと”受け止め役”が存在し、音で対話し、精神の安定を図れますが、ライブとなると毎回そうはいきません。

 

ということでまとめ!

 

1音楽を聴くことで感情の変化はどうして起こるのか

▷音楽自体、または音自体が特定の感情を喚起させるのではなく、様々な音楽の持つ要素と、喚起するまでの要因とが組み合わさることで感情は喚起され、感情に変化が生じる。

 

2実際に音楽は私達にどのような影響を与えているのか

▷音楽療法や医学的治療場面などで、音楽を能動的、または受動的に扱うことにより、コミュニケーションの確立、症状の改善、精神の安定など、様々な影響を与えられる。

 

3音楽を聴く、または演奏することでネガティブな感情が改善できるのか。

▷音楽療法や同質の原理を利用すれば改善できるが、音楽活動をしている人としていない人では音楽活動をしている人の方が改善が困難であると思われた。

 

でした!

 

長々と自己満のレポート残しにお付き合い頂きありがとうございました*

 

ということで、落ち込んだ時はとことん落ち込んで、

悲しい音楽を聴いて、映画見たり、涙して、自分の気持ちをしっかり共感させてあげた後にまた頑張りましょう。

ごまかして無理するのはかえって長引かせるだけ。風邪と一緒です。

 

お大事に。

 

 

 

 

 

 

 


最後までお読み頂きありがとうございます。
pakakose ハンドメイドアクセアリーのお店はこちら▽


pakakose LINE@始めました。限定クーポン配布中◎


音楽が感情に与える影響2

こんばんは。

自己満度の高い投稿にも関わらず、読みました!のお声を頂き嬉しいです。

ありがとうございます。

 

そんなわけで続きます。

 

前回までは

音楽が持つ要素が身体に影響を与え、身体が感情に影響を与え、その結果感情が変化していること、

また、様々な音楽の持つ要素と、喚起するまでの要因とが組み合わさることで、感情の変化が生じていることが分かりました。

 

今回は、その影響について。

⊆尊櫃鵬山擇蓮峇蕎陝廚法屬匹鵑扮洞繊廚鰺燭┐討襪里。

 

IMG_7383.jpg

 

 

実はこの、「音楽が感情に与える影響」を利用した治療法、「音楽療法」があることをご存知でしょうか?

 

長い歴史を経て「療法」として音楽に注目が集まるようになったのは、第一次、第二次世界大戦の起こった20世紀初頭から。

 

この頃のアメリカでは、心身共に大きな痛手を受けた帰還兵達に多面的なケアをする必要がありました。

その為収容される病院には演奏家や音楽教師が雇われ、楽器を演奏することや、歌うことを奨励。帰還兵達はこのような活動を通して身体的機能を回復する動機付けを与えられ、また精神的な回復を音楽に求めていくことができました。

 

これが現代の音楽療法の始まりとされています。

 

音楽療法の基本は、クライエントさんが楽器を使用して演奏に「参加」する方法と、クライエントさんが音楽を聴くことにより「刺激材料」として使用する方法の二つ。

 

参加型ではクライエントとセラピストが共に楽器を演奏したり、歌うことにより、コミュニケーションを確立し、症状の改善を図る治療法で「音」を治療の為の「素材」として扱っています。

例えば歌う事を通じて呼吸機能の改善や強化を図ったり、セラピストとの音のやりとりを通して、情緒機能の発達をめざしたり。精神的安定心理的充足を得ることも。

 

そして「刺激材料」として音楽を扱っているのが医学的治療場面です。

例えば外科。手術前に患者さんの不安を軽減するため音楽を取り入れる病院があります。ここでは音楽のもつ鎮静効果が重要な要素。麻酔科では科学麻酔の補助的役割として音や音楽が用いられ、麻酔導入を容易にしています。

 

そして産科でも。「胎教」と呼ばれる効果があるかは証明されていませんが、音楽が妊婦さんに与える心理的な鎮静効果は、代謝の安定化に役立ち、母体の順調な代謝は赤ちゃんへの好影響となります。

 

また出産準備中と出産時に音楽が与える効果は、妊婦さんの分娩に対する不安の軽減や分娩の無痛化(いや、さすがに無痛にはならんと思うけど)に果たす役割は大きいとされています。それは音楽の持つ効果と低周波による音響的刺激の効果が催眠的な働きをしたり、自己催眠的自立訓練の効果の現れと考えられているからです。

 

実際、出産ほど痛いものではないですが、指先を切ってまぁまぁの大けがをしたとき、痛すぎて心臓バクバク。過呼吸になりそうな場面でなんとか落ち着かないと、と思って当時流行ってたMisiaのeverythingを脳内再生したらなんとか落ち着いて痛みに耐えられたという経験があります。これこそ鎮静効果、催眠的自立訓練の効果。

 

この他にも精神科、神経科や老人医療の場面でも音楽療法は活用され、有効性を示しています。

 

ということで、音楽は様々な場面で、様々な影響力を持ってして、ストレスの緩和や精神の安定などに役立ってくれていることが分かりました。医学的に活用されている音楽。そりゃぁ失恋の痛みも、仕事場のストレスも軽減してくれるはずです。

 

じゃぁそんな時、実際どうしたら音楽でイライラや落ち込みを改善できるのか。

失恋した時に失恋ソングを聴くのはどうして理にかなってるのか。

 

しつこく、つづきます!


最後までお読み頂きありがとうございます。
pakakose ハンドメイドアクセアリーのお店はこちら▽


pakakose LINE@始めました。限定クーポン配布中◎


音楽が感情に与える影響について

硬いタイトルで始めた記事ですが、これは十数年前に書いた卒論のタイトル。

心理学部卒業です。高校から音楽活動してた自分らしいテーマ。

 

実はずっと前から載せたいなーと思ってたものの、タイミングを逃してたんですが。

先日マツコの知らない世界で、「失恋ソングで皆の失恋を昇華させる」的なお話があったので思い出して引っ張りだしてきました。

 

失恋した時に失恋ソングを聞くのは心理学的にも理にかなってるってお話も含むので、お時間ある方はお付き合いくださいませ。

 

 

 

さて。皆さんも日々の生活の中で、落ち込んだり、イライラしたりいろいろあると思いますが。

そんな時に好きな音楽を聴いたり、歌ったりして気持ちが晴れたり、スカッとしたり、リラックスした経験はないですか?

 

私は結構単純な人間なので、ミスチルに後押しされたり、ドリカムに失恋の傷を癒してもらったりしてました。

バンドメンバーが作った曲をお風呂場で泣きながら歌って、頑張ろうと思い直したことも何度もあります。

 

そんな風になるのはいったいなぜか?

 

_山擇砲茲辰憧蕎陲諒儔修呂匹Δ靴撞こるのか

⊆尊櫃鵬山擇蓮峇蕎陝廚砲匹鵑扮洞舛鰺燭┐討襪里

2山擇鯆阿、または演奏することで、ネガティブな感情を改善できるのか

この3点を中心に、卒論見ながら書いていこうと思います。

 

当時の文献の他、友だちへのアンケート、音楽仲間へのインタビューもしたりして、まぁまぁ頑張った卒論です。

しかもこのアンケート、インタビューに答えてくれた友だちに結果がどうなったかちゃんと話してなかった気がする。。。

この場を借りてごめんなさい。遅くなりましたがこれから話します。。。

 

まず,硫山擇砲茲辰憧蕎陲諒儔修呂匹Δ靴撞こるのか

 

そもそも音楽にはメロディやハーモニーなどのいろんな要素がありますが、主にメロディは呼吸と関連があるとされています。

 

歌ったり、演奏する場合はもちろん、聴く場合も呼吸がメロディのフレーズの長さと同一化(同調)して、リズミックなパターンを作り出します。ハーモニーの中でも共和音、不協和音は筋肉に緊張と弛緩を繰り返させリズムを生みます。

 

そのようなリズムと、心臓の拍動やその他の内蔵の諸機関の働き、脳波等は同調する傾向があり、その為に心理的な沈静化、高揚感が作り出されています。

 

要するに、音楽が持つ要素が身体に影響を与え、身体が感情に影響を与え、その結果感情が変化している、と言えます。

 

そしたらどうして、同じ音楽を聴いても人によって違う感情になるのか。

 

それは音楽を聴いてから、実際に感情が喚起されるまでに多くの要因が関与しているからです。

性格や音楽的好みなどの個人的特性、音楽を聴く時に悩み事があるか無いか、その時の気分などの心理的状態、生演奏か録音かなどの音響的な環境、音楽と同時に生起している事象(映画の画面、会話の内容などとの相互作用)。それらの要因が違うから、人によって生まれる感情も違う、ということになります。

 

確かに、別れた彼氏と見た映画の主題歌とか、人によって違いますもんね。

 

このように、音楽自体、あるいは音自体が直接感情を変化させるのではなく、様々な音楽の持つ要素と、喚起するまでの要因とが組み合わさることで、変化が生じていることが分かりました。

 

つづく!!!

 

 

 


最後までお読み頂きありがとうございます。
pakakose ハンドメイドアクセアリーのお店はこちら▽


pakakose LINE@始めました。限定クーポン配布中◎